mdkロンドン生活

ロンドン生活、赤子との暮らし、日々のよしなしごとなど。

紗栄子先輩の偉業について現地イギリスより解説致します

紗栄子がくるーーーー(ザキヤマの音階)


ネットニュースを見る限りだと、「金でのし上がり乙」的なコメントが多いので、ここで紗栄子先輩が、いかにお金や人脈があろうとも豪胆に渡英を決めたのがすごいのかお話させていただきたい。(誰)


まず何といっても報道が事実だとしたらという仮説の範囲を出ないが、息子たちがイートンを目指すような私立小学校に合格したのがすごい。
インターナショナルスクールに通っていようとも、日本に暮らす日本人がそのような受験校に合格するのはなかなかの難関。


まずは単に就学システムの違いによる学力的な問題。

こちらでは4歳から既に小学校に通い始めるのが普通。レセプションと言って4歳の9月にはプレが始まり、5歳で小学1年生となる。

それもあって算数などの進みは低学年ほど差が如実で、1年生でもう小数点の概念とかやる。
基礎をグルグルと繰り返すので小3ぐらいで日本の方が追い越すらしいが、それでも九九やひっ算のやり方が日本式とは違うので戸惑う。

そして私立ともなれば既に小学校でフランス語やスペイン語などの第二外国語の授業があり(公立でもある)、中学からはラテン語など第三の言語も始まる。ここもなかなか大変。

英語だけ出来ても難しいのである。受験項目にも入る。


そのような事情なので、英語ができなかったり、受験しない感じだったりと学校の合格者数に貢献できなさげな生徒は、そもそも入学を許可されないのでまず普通に小学校合格すごい。


そして次にそのような私立小学校に入ったとして、イートンをさらに11歳とか12歳で目指そうとするとなった場合。

面接だけで校長と1時間。学校見学もそもそも最初の試験を通過しないと出来ない。
イートンはウィンザーにあり、我が家から車で1時間もかからない位置にあるのだが、受験の負荷が親子ともにかなりある。
家柄や階級もかなり見られるだろうし。


そして最後はビザ。
移民に厳しめな昨今、移住もおいそれと簡単には出来ない。超書類提出が必要。
我々は駐在なので英訳や書類整備を含めたほとんどは代行業者がやってくれた部分が大きいが、個人だと手配書類もかなり多いはず。
そもそも何ビザなんだろう?TIER3かな?



このような感じの種々様々を、たいして英語も出来ないであろう紗栄子先輩がやってみようと思い、そして実現できてしまうことの凄さですよ。英国に明るい青年実業家A氏がバックにいるのかもしれないが、その人がいたって本人のやるタスクや子の努力は絶対に必要。
普通によくやるよねすごいバイタリティーだと思うよ。


紗栄子先輩、イギリスでお待ちしてます!!
自分、シャビーシックに少し食傷気味なんで、イギリスのイケてるもの教えてください!!



ストライダーは牛歩

英語力不足を実感するときー!

日本人として改めて慣れない文化の一つとして「いきなり深い話をする」がある。

Mothers of preschoolersでは、子が隣の部屋で遊んでいる間にテーマに沿いトークをしたり、その後セラピー的に頭を使わないクラフト(紙粘土のペーパーウェイトや、スクラブ作りなど)を行う。

夏休み前最後のテーマは「friendship」。


「友人と言っても、学校の送り迎えで挨拶する程度の知り合い、子どもの為に付き合わなきゃいけない癖のある人、楽しいけど疲れる人、色々いるわよね。」

みたいな話から始まる。そしてfriendshipを「toxic」と感じた経験について時計回りにシェアする(加速するルー語)時間に。
私は3番目。
そして1番、2番目の人は今回が初参加。


1番目の人「私が流産した時に友人から言われたのが…」
2番目の人「私の母親が亡くなった時、友人が私も父親を亡くしたのって言ってきたんだけど、母と父って重さ違うでしょ…」
3番目(私)「ちょっと時間ください…」


そして、このいきなり深い話文化に自虐的な要素はほとんどない。(私がその要素をくみ取れない、そして自虐的要素を含んだ感じの英語を話せてないことも起因している可能性も大いにあるが)

こないだRichmond parkをバギーで散歩するというイベントに参加して、そこで仲良くなったママ友(ドイツ人)と帰り話していた時。

「日本で9年働いたけど1週間以上の休みを取ったのは産休育休だけだし、なにせワーママを経験してないし働けるかどうか。金融系の資格も帰るころにはexpireしてるし、何ができるやら(苦笑)」

と小噺程度の自虐を披露したところ、

「なんてこと!あなた帰るなら東京なんでしょ?ロンドンに本部がある会社で半年でもいいから働きなさい!私の周りでドイツ帰る人もそうやってイギリスで作ったコネクション使って再就職してる。やっぱり本部で働いたことある経験って強いのよ。自分を低く見積もっては絶対にダメ!!!!!」


ふと、「シュレックじゃねぇ!!」と叫んだ近藤春菜に、来日中のアリアナグランデが、「あなたは美しい」と言い続けたというエピソードが想起された。



そして、今更私は英語の基本的なところがわかっていないという哀しみ。


来たばかりのころ、IKEAの家具を搬入しに来てくれた配達人の人に「See you later!」と挨拶され、

See you later=また後で

的直訳受験英語がインプットされていた私は後でサインするものとか持ってくるのかな?と30分程待機。

See you laterが普通にもう会わない可能性がある場合にも多用されることを知るのはまだ先のお話。。。。



そしてこの基本疎か英語に、日本人気質のカジュアル謝罪が加わるコンボにより起きる悲劇も。

「日本にいたら保育園に入れて0歳で復帰一択だったけど、日本ではどうするかわからない」って言いたかったんだけど、そこに「保育園入れるってどうかと」的ニュアンスが私の英語力レベルにより加わってしまった。

その為「私は夜はマックのドライブスルーで育ったけど(THEアメリカ人!)、別に楽しかったし平気だったよー」的返答がかえって来たことで変なニュアンスが入ったことがわかった。

そこで、私はそういう意味じゃないの、という意味で「Sorry」と」言ったら、
「ううん、そんなことなかったのよ、だから安心して」との返し。


そう、この場合のSorryは「かわいそうにね」のSorry!もはやどこから説明していいか謎なぐらい一瞬会話が混線。


今夏はきちんと体系的に英語をやるぞー!



もはや懐かしいミコノス島の海。イギリスの真夏はもう終わったのかなあ

イギリスから見た日本の渡航情報

夏休みスタート!!

去年はナーサリーにも行ってないし、なんなら毎日夏休み状態ではあったが、プレイグループもナーサリーもお休みが丸二ヶ月。
アクティビティを探さねば。


さてこの半年のロンドンでのテロは月1ペースだし、火事でマンション燃えるし、もうこんな国で暮らすなんて自殺行為じゃ?的Yahooの見出しでさすがに都会方面へ行くのが直後は躊躇われるほどの物騒さであった。

ふと、
「日本の地震とか、放射能の方が防ぎようなくて怖くない?」
とママ友に言われたことを思い出し、英国政府が出している渡航情報を見てみた。日本のところ。
www.gov.uk



・トロピカルサイクロン(台風)のシーズンは6月から12月まで続き、7月から9月にかけて活動が最も活発。(いつ行けば?)

接近する嵐の進行状況を監視し、避難指示を含む地方自治体の指示に従ってね(怖すぎ)

・日本全国で地震、火山噴火、津波の断続的な危険あり。(怖すぎ)

・通勤列車の女性乗客の不適切な接触や「チカン」の報告はかなり一般的。(電車乗りたくない)

・六本木や歌舞伎町(新宿駅周辺)では、クレジットカード詐欺、強盗、暴行、性的暴行の報告あり(絶対行きたくない)


・日本ではイギリスの医師がほとんどいない、医師で英語をきちんと話す人は稀(ごめんなさい)

・売春と路上売りは違法だが普通

・カード使えないところ多し(この2つだけ見ると東南アジアの離島)

と、字面のみ追うと決して行きたくない恐ろしい国であった笑。けどどれも決して間違ってないという。

やっぱ文字化してファクト並べると、何でも恐ろしいねというお話。けどスタバ等大手チェーンの氷に大腸菌いたよ、は怖すぎ!アイス頼めないじゃん。。。


好きな夏の花

水漏れ哀歌、子育ての悩み永遠説

イギリスに住んでいたら必ずいつか起きるという水漏れが我が家でも発生。というか、発生し共生すること早半年であろうかというところ。

ターゲットの英単語帳片手に「plumber」なんて単語、会話に必要ないし笑、とネタにしていたのは今や昔、超超頻出単語!

そもそも時間どおりに来ることが稀。
そして来る業者が毎回違い、そのたびに違う見解だったり、いやこれ修理必要ないんじゃない?とか言って直さないで帰る、そもそもいきさつを知らず手ぶら丸腰の状態でやってくる為にイチから都度説明が必要、などと全く遅々として進まないまま、、、その状態にこちらが慣れてきた。

そもそもこちらに(察する)と言う文化は無い。

バリバリの日本人気質を発し、あれ?と思うことがあってもなんとなく飲み込んでいたが言わないと全くニーズが汲み取られない。その為最近は催促メール等も比較的強めの形容詞等を使うようにしてみた。ってまだまだ小心者…

初回の業者はパキスタン系の人で、スキンヘッドで後頭部に「Only God can judge me」てタトゥーが彫ってあって、人間ごときが彼に意見してはいけないという有無を言わせぬ畏怖をこちらが勝手に感じたのも良くなかった笑。


何なら水周りの英語が繰り返しの反復説明と度重なるEメール対応によってかなり上手になってきた感じがする笑。

今は水漏れ自体は治まり、後は業者が金槌で叩き割り、今はガムテープでメンテしてあるキッチンのガラスの壁を直すのみなのだが全然連絡来ない。連絡くる時も、メッセで「今日時間できたんだけど暇?」的なカジュアルさ。友達か!

もう私は今ほとんど働いてないし、時間はあるから多少めちゃくちゃなスケジュールでも全然大丈夫なんだけど、働いてる人とかこれどうしてるんだろう?

こういう時日本の対応の素早さや、謝罪に関する枕詞の豊富さ、対応の迅速さって改めてすごいはすごいけど、その分残業してまで、超大変な思いをしてまで完遂するほどのことかというとそうでもないような気がする。

期日とか、あるようなないような適当な感じだけど休みがまあまああって、残業もほぼないか、サービスを受ける側としてはきちんと素早く迅速に対応してもらえるけどその分自分が仕事をする時も、それ相応の時間的精神的拘束を受けなければいけないか。

よく諸外国と日本を比べて、日本は働きすぎ!みたいな論調がよくあるし私もそう思うけど、現地人並に休みたかったらその分、おおざっぱな仕事ぶりや期日管理には目をつぶらなきゃいけない感じがする。つーかはよ終わってくれ!

さて息子は無事2歳になったが、抱っこ大好き、ベビーカー拒否、集団で遊んでいてもママママ言って1人で遊ぶ時間が少ない、という点は変わらない!

夫曰く、これは私がそうさせているというところが大きいとのこと。犬のしつけ的に言うと、この人は何をしても大丈夫と言う甘えやなめられ、試し行動であると。

確かに甘やかしかわいがりすぎた!!!ガーーン

そこで想起されたのは、オレンジデイズにて聴覚障害を持つ柴咲コウを母として心配するがあまり自身の海外転勤をあきらめ、それがかえって柴咲コウに、「お母さんは私がいないとだめだから」と心配させることになってしまうというエピソード、おかあさんといっしょ 「お城でパーティ」にて姫を可愛がるあまりに外に出さないよしお兄さん扮する王様、など、創作物であれば誰にでもわかる自明の理。

ナーサリーの先生に相談したら、「ここが大事なポイントよ!ここで彼にあなたがボスであると言うことを教えないと、16歳まで続くから!」と脅された。

「Let’s you and I go and have a quiet chat. We can talk through ways to make it better for you.」とのことで行ったら、まぁその先生いなかったんだけどね昨日笑。


ようやく夏っぽい

ロンドンの現地美容院に行ったら、日本の赤文字系雑誌への呪詛が爆発した話。

髪の毛のボサボサ具合が頂点に達した為、美容院へ。

ロンドンではあらゆるサービスがやろうと思えば日本語で受けられる。セントラルや日本人街には日本人経営のサロンもかなりある。

しかしわざわざ赤子リスク抱えつつリッチモンドから行く価値があるのか?私に?

しかし現地美容院は不安ちゃ不安。
夫は割と初期からHead master (日本でいうASHやEarth的な大手チェーン)に通っており、前髪は長め、側頭部はかまいたちに襲われた寿司職人的な、もはやなぞなぞみたいなヘアスタイルが定着。

「イケてるBritsみたいな髪型」というオーダーらしいが、夫がやると私にはこれにしか見えない。

切りたての側頭部は、地下鉄の座席みたいな、ざわざわしたビロード感溢れてる触感。


さて不安はあるが移動時間をあまりかけられない為現地美容院へ。カラー+ハイライト+トリートメントをお願いした。

なんかイメージ写真とか持ってきてね!と予約時言われた為、明るめのハイライトが入った髪型の写真をDL。

開口一番、アルバニア系ロシア人のスタイリスト
「ウケる、この色似合わないね笑」

「こういうキャラメルっぽいセクシー系にしたら?」

Kim Kardashianのワナビーになることが決定。
仕上がりは、太陽光だとハイライトがわかるようにしたとのことで、意外と元職場でも大丈夫なぐらいの明るさ。


トリートメント中笑。

さて雑誌を眺める。
3月8日は国際女性デーだったこともあり、誌面はどれも非常にイデオロギー溢れるものであった。

まずファッション誌のトップ特集が中絶と女性の人権。

住んでいる州が中絶禁止であり、保険適応もされない為遠く離れた州まで10代で渡ったアメリカ人女性、いまだ中絶が違法であるアイルランドからイギリスまで来て中絶をする女性達の医療費問題、異母兄弟からのレイプ等により産まざるをえないキリスト教の色濃いアフリカ諸国のティーンの手記などが続く。

窃盗で収監中、慰問に来ていた女優の母と出会い、結婚したがナニーと駆け落ちしあげくドラッグで捕まった元俳優の父親を持つモデルで音楽家の18歳が、半生を語る記事も。字が多い。


そんなエマ・ワトソン的記事を読みまくり帰宅したことも重なり、このネット記事を読み怒髪天だったがライターさんが私の思ったこと全て言語化してくれてた笑。

防寒するな・パステル色を着ろ・他人に気を使え! 「CLASSY.」の花見コーデ企画が怖すぎ|サイゾーウーマン

女性誌の座談会に出てくる男達なんなの?
あと、サイズ展開が5、7、9号のアパレル全部潰れろ!と、赤文字系へのコンプレックスが呪詛になる寸前であった。

まあしかし、今はマーケットに流通してないオブザーバー目線だからか、海外にいるからか、何かとCLASSY思想、しかもそれを啓発する行為が気にくわないが、
実際合コン行って

「女性の真価は中身であり、生きたいように生きるべき」

とか男が言い出したら、「博愛」「imagine 」ってアダ名つけてたわきっと。買ってたしねCLASSYたまに笑。


先週のマルタ島

SNS懐古、駐妻と英語2

私は元々言葉に愛着があり、文章を好み、承認欲求を文字に託してきた。

GREEでも最後の残党だった。mixiにおいても、皆がもはや怪盗ロワイヤルやサンシャイン牧場の痕跡しか残していない中、1人湿度高めな日記を投下。Facebookも記事のシェアが増え寂しい限りである。なんならちょっと気後れして投稿頻度すごい抑えてるレベル。

mixiが面白かったのは、感情の起伏が人生のうちで最も激しいとされる(自分体感調べ)大学時代がピークであった為、皆惑うことなく黒い感情や罵詈雑言を日記に撒き散らしていたせいなのか。

Facebookが面白かったのは、飲み会や結婚式などの写真映えする社交場への参加が最も激しいとされる(自分体感調べ)20代中盤がピークであった為、皆タグ付けしまくりのパリピ写真がフィードに沢山あがっていたからなのか。


とにかく皆もっと億劫がらず、恥ずかしがらずに、日常を日記としてどんどんウェブの海へと流して欲しい。
個人情報ダダ漏れのブログやmixi時代が懐かしい。。。


家族最後の日

家族最後の日

ダダ漏れ系日記で好きな作者3作目。けど前作が一番良かったように思う。


さてそんな文字ラブな私も相次ぐ寝落ち(寝かしつけではなく単なるソファでの自滅)、胃腸炎from息子、風邪×2 from息子で気付けばもうすぐ3月!
夜19時以降の自由時間が主に療養で過ぎてしまった!

さて最近Mothers of preschoolersに行き始めた。ママサークルみたいなもの。

息子はその間、ボランティアのナニー達に隣の部屋で遊んでもらう。半年前は絶対無理な母子分離もナーサリーのおかげでだいぶ大丈夫になった。

初めて行った時のテーマは産後の運動について。スポーツ科学の専門家の座学(バンバン指されて意見を聞かれ気が抜けない)と、軽いエクササイズ。お茶と手作りお菓子(皆遠慮なくバクバク食べて好きなタイミングで立ち上がりお茶をサーブ笑)も提供され、息子見てもらう代含めドネーションの3ポンドのみ。

英語の勉強+地元情報収集には非常にナイスなコスパ

始まる前にボランティアの女性が魔法のステッキを取り出し、「自己紹介と、もしひとつだけ願いが叶うなら何をお願いするか、最近体と健康の為に気をつけていることを時計回りで(ウインク)」と日本語でも無理なスタートを強要。

陽気なアジア人としてステッキを振り回し自己紹介。息子と曜日違いで同じナーサリーに通うママと知り合えた。

イタリア人、ドイツ人(Richmondはドイツ人学校があり多いみたい)、スウェーデン育ちの韓国人、皆聞かなければ分からないほどの素晴らしい英語。

正直移民だらけのロンドンでは適当な英語に皆意外と優しい為、自分のコンフォートゾーン以上の英語にはなかなか普通に暮らしているだけでは進化しない。


そして私をある意味鼓舞させたのが下記リンクの記事だ。

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK? : 京都新聞

英語売り、まだ東京オリンピック後も意外と日本で需要あるんじゃない?

京都の件はまぁ、東京だともう少し違うだろうが、帰国してまた仕事をするにあたりちゃんとスコアや資格が残る形で英語をやっておいた方が選択肢の広さ的に良かろうと今更ながら思い至った。

日本語においても、高校生の時の語彙では社会人メールを送れない(ご査収ください、散見されます等。もはや軽く懐かしい)のと同じというか、それより遥かに拙いレベルで文法とか基本をやり直さないと仕事できる精度の英語は身につかない。

文章として社会人英語をキレイに書けるようになりたい。

まあとりあえずもう少し語彙を増やし表現に厚みを出そうと、本屋でCollocationsのテキストを購入。

Collocationsとは知らなかったけど、ネイティヴが普通に使う、推測不能な言葉と言葉の組み合わせ。

テキストによるとtake a photoなど、takeしか考えられないものもあるし、rancid butter(バターが古くなる)などまあ強いcollocationだけど最悪覚えなくていいもの、keep to/ stick to the rulesのようにいくつか言い換え可能なものもある。

そしてcollocationとは、イディオムや複合語ともまた違う。なるほど。今更だけど。

日本人として驚くのは特にオススメの章、面白い章、絶対やっといた方がいい演習などが巻頭に記載されていること。1ページ目からみんなやんないのかな笑。


そしてとりあえず1章の実践をやろう。

1.1 What is a collocation? (自由作文)

これにも軽く驚く。日本のテキストだと絶対最初に来ないと思う。

1.2 pain wise run この単語で辞書を引いて3、4つcollocation を作りなさい。

日本のテキストだと意味1個と単語単体で覚えてたし、単語1つから発展させて広げて学習することって少なくとも自習レベルでは不可能。

なにかと1章目から衝撃受けた。

高3の夏に文法のテストがAクラスなのに50点で、先生にとりあえずこれやりなさいって1冊テキストもらって、それで受験なんとかなったから私の基礎抜け適当英語はかなり筋金入り。頑張ろうーっと。ケンブリッジ英検のアドバンスが最終目標。


ブロックやや進化

私の中の田嶋陽子

息子1歳7ヶ月、トミカプラレールのDVDがお気に入り。

他の子に比べて特定のキャラクターへの愛着などが全くなく、下手にまた私の不安を煽る要因となっていたが、トーマスのついた服を着たがる等少しだけ選好の兆しが。

男の子だからと青や乗り物柄を1年前日本で買い込み、息子へのプロトタイプ押し付けになっていないか少し心配したが杞憂再びの様で少し安心。

そもそも私は幼稚園ぐらいの頃から、「私のような人間がピンクを好きと言ったり、または身に付けたりしてはならない」という自らのキャラ縛りを勝手に課していた。

青や紫を好んでいたのは、趣味が先なのか上記縛りが先なのかはもはや分からないが、祖母が姉妹お揃いのものを買い与えてくれる際、私の趣味を汲み取り妹がピンク、そして私には寒色系ばかりに与えられることにある日悲しみが募りある日泣いて不服を申し立てた。

母は言った。
「ピンク欲しいならそう言えばいいのに」

女子とピンクの考察については田房永子のこれ
娘にピンクが着せられない!(前編)|お母さんみたいな母親にはなりたくないのに|田房永子|cakes(ケイクス)
は行き過ぎで共感度は半分くらいだが、

ジェーン・スー御大のこちらは打ち過ぎて膝の皿が割れそうなほど。
ジェーン・スーは日本人です。: Vol.19 ピンクと和解せよ

私のピンクとの真の和解は社会人になってから。ピンクとか、、好きじゃないし笑。とか言ってしまうメンタルもまた、かわいくないという事に気付いたのはもっと後だったのだ。

中高はミッションスクールで、一応「人類皆平等」と習って大学に進学すると、「男は早稲田、女はインカレ」とマイルストーンに明記された共学のえげつない棲み分けに震え上がり、北風と太陽的に私の青文字系化は進んだ。

ツインニットで「愛され!」と叫んでいる(叫んでません)女子達と友人になるのもかなり後世のことだ。

フェミニズム推進派なのは顔だけ(バリキャリなのも顔だけ)だと思うが、その手をテーマにする作品がやはり面白いと思うのはピンク歴の浅さかな。

湊かなえ的切り口でジェンダー

憧れの女の子

憧れの女の子

地方女子とジェンダー

あのこは貴族

あのこは貴族

今一番ジェンダーマンガで面白い。タラレバ好きなら好きだと思う

地獄のガールフレンド(1) (FEEL COMICS swing)

地獄のガールフレンド(1) (FEEL COMICS swing)

地獄のガールフレンドより重いけど好き

先生の白い嘘(1) (モーニングコミックス)

先生の白い嘘(1) (モーニングコミックス)

この辺一切理解出来ない、サッカーとワンピースとビールが好きな夫と結婚して良かったと思う。息子もとやかく考えず健やかに育って欲しい今日この頃。
トミカトミカプラレール



粗大ゴミとしてまとめて回収されます