読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mdkロンドン生活

ロンドン生活、赤子との暮らし、日々のよしなしごとなど。

アイシングクッキー、初ナニー、赤子とUber

前からずっと行きたかったノッティングヒルのBisucuiteesにてアイシングクッキーレッスンを受けてきた!


地下のカフェでレッスン。隣の人はNYから来たとのこと。修了書貰えます。
物事に集中したのすごい久しぶり。
精神統一が必要、全体のバランスを見て、二度書きはキレイにならない。なんか習字みたい!

飲み物、エプロンつきで2時間(あっという間)ひたすらアイシング。
私は日本人らしくお手本に忠実に作ったけど皆色んなカラーで作ってた。

売りものと同じ箱に入れてお持ち帰り出来ます。
セントラルに出たのは数ヶ月ぶり。都会に眩暈を起こしつつ、レッスン後近くのジュースバーで身軽に一緒に参加した友人と休憩。都会はガイドブックに出てきたロンドンや!って感じで全てがオサレに見える。

あ、リッチモンド貼っておきます笑。


さてその時息子は果たしてナニーさんのお世話になっていた。ありがたいことに友人とシェアさせてもらい初ナニーさん。号泣し、昼寝し、スナックタイムを楽しく過ごした様子が送られてきた。さすがスーパーナニー!

ナニーはイギリス人のプロもいるが、移民やワーホリ等海外からの人々がやはり多い。プレイグループも半分ぐらいはナニーが連れてきている。

そんなセントラル(都会)へはベビーカーの確度があまりに低い今電車1時間は自信がなく、40分のUberをチョイス。夫なしで利用は初めてだったけど快適、安い。

当初見知らぬ人の車に乗る=犯罪に巻き込まれるみたいな感じで超怖くて使えないと思ってたけど、ドライバーは食べログみたいな星がついてて、5段階中4.6とか以下になるとクビ、ナンバーと車種事前通知、走行中にオンタイム居場所のシェア可能(夫に今どこにいるかGPSで教えられる)等となかなかに様々担保されている。

日本では苦戦しているようだが、日本は知らなかったが民間の乗用車をタクシーとして使うことは禁止のようだ。それが白タクと呼ばれていることも知らなかった。無知の知

物価の高いロンドンで、楽々都会に早く安く行けるUber頑張れ!と心の中で応援していたらUberからメールがきた。

新しいロンドン市長が、ブラックキャブ(いわゆるロンドンタクシー)を優遇する措置(ディーゼル車の買換費用の一部負担や乗場の増設)を決める一方、Uberのドライバー達に、英語の筆記試験やリスニングを課す方針であることを発表。

これは我が社に登録しているドライバーを脅かす差別行為だからロンドン市長にメールを送って!というもの。

Emailボタンを押すと市長宛のメール画面が文章入り、末尾に私の署名入りで出てきた。すごい。

Uberのドライバーもまた移民の人々が多い。英語のテスト導入は失職につながりかねないと書いてある。確かに。

しかし市長はロンドン史上初のイスラム教徒で、スローガンは「多文化の共生」なのだ。
今後どうなるのかな。とりあえず都会行けないから今後ともよろしくお願いします。

先般図らずも参加した外国人の為の履歴書ライティングクラスでは、2時間の授業の後、今すぐ仕事につきたいならば日本語教師をオススメされた。
「あなたの承認欲求も満たされると思うわ」

英語でもバレてる!恥

どこまでも行く

子育てphase2、しつけ、海外ママ友出来てきたよ

近況: 息子がフェーズ2に移行した模様です。

ベビーカー座らない、カーシートも座らない。こっち来たばっかりの時も嫌がって泣いたけど今思えば泣いてるだけだったから楽勝だった。(もっとも、十分悩んではいたけど笑)

今は立って普通に身の危険がすごい。細いからベルトをキツくしても引田天功並みのイリュージョンをかまし立ってくる。北風と太陽的な理論で、日本人ママ友に聞いた腰ベルトのみ装着もトライしたが立つ。エルゴの手放せない具合がすごい。
夏休みのポルトガル旅行は家族3人3時間フライトが、7月の母子2人13時間より疲れた。お盆にはうちの両親とコッツウォルズにも1泊旅行をしたのに、今そんなの絶対無理笑。

こっちで首座り後に抱っこ紐してる人は皆無なんだけど、Instagramにて皆にお知恵を乞うたら日本の同じ月齢の母たちは乗らないから抱っこ紐をデイリーユースしているとの安心+驚愕の事態。
来週セントラルに繰り出す予定があるけどUberで行こ。

先日行ったplay cafeで、赤ちゃん達がつなぎスモックを着て手形足形をとり、親が加工するみたいなアクティビティをやっていて、予約出来るか聞いてみた。
息子を見て、「この時間はベビーだけなんです」との回答。15ヶ月、toddlerの仲間入りです。

さて粉ものの摂取が増え、また太ってきた。
プレイグループで知り合ったブラジル人ママの自宅でピラティスを習い始めた( ´ ▽ ` )
母国まで12時間と同じ。彼女はブラジルで自分のスタジオを持っていたらしくそんなプロに対して申し訳ない金額で受けているけど、息子連れで出来る環境はありがたい。
彼女も英語は義務教育と、ピラティスを教えるにあたり専門用語をちょっと勉強しただけと言っていた。すごいなあ。

中国人ママに聞いたところによると、幼稚園ぐらいから英語は皆中国でもやっていて、英語など他国からの外来語はそのままの発音で話すと言っていた。(本当かな?)日本語も少し勉強したことがあるらしく、日本はカタカナがあるからその弊害が大きいじゃないかと言われた。確かに言われてみたらそうかも。

正直日本語が心配だから英語どころの騒ぎじゃない。ナーサリー行かせてるぐらいのママたちが日本語教育について話していて、その時は自分の悩みが授乳とか寝かすとか生命としてのプリミティブな悩み過ぎて遥か次元の違う高度な悩みに思えたけどすぐにやってくるのかな。

最近外食が大変になり、またしつけについてどうすべきか夫と話している。
イギリスの子どもたちは皆公共の場で騒いでいないように見える。
日本人ママたちでお茶していたら子どもたちがうるさすぎて警察呼ばれたとこないだ聞いたばかり(^_^;)
息子はリッチモンドで一番泣いてるし騒いでない?って感じ(^_^;)
しかしこないだポルトガルのホテルでは子は走り回り、親は子にyoutubeを見せる傍らビール飲んでたから少し安心笑。

とか思って帰宅したらうちの母からのbabyちゃれんじが来たら1歳3ヶ月号は「しつけってどう始めるの?」、次号は「外食について」であった。ティピカル!!


家族全員黒い

30代で気付く「何もない」ということ

後ろ暗さが私の真骨頂であったと、内省的なお話。

駐在帯同として、それまでの色々(学歴職歴、対面での人間関係)を置き去り素の自分を世間様に提供していくにあたり、悩みまで行かない瑣末なもやもやで人を羨むことが時としてある。

押し付けがましさなくさらっと友人関係を軽やかに広げられる人、家でのお茶会に素敵な手作り焼き菓子を持参出来る人、横異動で海外経験豊富な人、誇れたり人に教えられるレベルの趣味を持つ人。

まさか30を過ぎてケーキを焼ける人に劣等感を抱くとは思っても見なくて笑えるのだが、人間力の低さを仕事や学歴(と思っていたままを正直に書いてみたがそれも今思えば全く大したことない)という鎧で防御してきた私からしたら丸腰in UKでふと後ろ暗くなる時があるのだ。何もせず8ヶ月が経過してしまった。

小学生の時赤毛のアンにて、アンが細過ぎる腕をカバーしたいが為にパフスリーブを欲しがるくだり、当時既にデカかった私はイチゴ水に憧れつつもかなり驚嘆したのを覚えているが、それと変わらないねと笑っていて良いのだろうか。

大学生の時は何故か自分は個性的な方だと勘違いしていて、性格の悪さを思い出したように悩んでは弥勒菩薩化計画を携え、ひきつるアルカイックスマイルを練習していたが10年前に軽く戻ったデジャヴ感が。
当時母に菩薩になれない愚かさについて相談したところ
「今のアホらしい悩みの8割は子どもを産んだら無くなるし忘れる。自分しかかわいがってないのが問題」と説教に突入したのは記憶に新しいが子どもを産んでも尚…!!と眩暈。笑。

という訳で今更ケーキ焼いても仕方ないので息子がナーサリーに行くまではまず英語をちゃんとやることにした。〇〇Englishが(同窓の皆さま母校をお埋めください)私から消え去り少し悲しい。そして2018年ぐらいにアダルトカレッジに通えたら通う。

とテキストを1mmも開かないまま筆を置くという。駅の伝言板のような、時空を超えてどこかの駐妻の慰みになることを願って。


段ボール大好評

働き方とクリエイターの育児

オリンピック、日本人選手の活躍イマイチ把握出来てない。
BBCでは当たり前だけど team GBメインのお知らせな為、トップで女子トランポリンと馬術がやってたりします。

両親が1週間来た。楽しかったけどあっという間。ポーターさんに会った時に「うちの母です。先週来たんだけど明日帰るんだー」と話すと「なんで?遠くから来たのに?気に入らなかった?」と悲しげな返答。
マイファーザーがジャパニーズサラリーマンで、今年は8月のOBONしか夏は休めないというと最高に同情してくれた笑。

夫の働く会社においてはだけど、イギリスでは皆が好きな時期にイギリス人社員は2週間とか休みを取得。スペイン、ポルトガルは会社自体が3週間休みとのこと。

これは日本下げでもなんでもなくて、3週間休んでビーチとか行っちゃった後よくスパッと仕事戻れるよねっていう切り替えに対する驚き。イギリスの祝日って年間8日しかないんだけど、私は社会人人生において、もう3日レベルの連休を楽しみにしつつ、年1で5日間連続有給で海外っていう生活に慣れすぎて(そしてそれも体感として忘れつつある)て2週間目に突入した段階で気もそぞろになり楽しめないような気がする。

こちらでは自分(及び家族)の体調不良時は有給から引かれないで有給が取れる。その為、子がまた熱を出したけどもう有給使えない。。みたいなことにはならないからこれはいいと思う!パパの送り迎えも多いし平日のジンボリーにも1割ぐらいいる。これは厚切りジェイソンTwitterにもあった気がするけど。

よく諸外国と日本を比べて、日本も海外並みの働き方を!っていう論調を目にして私も頷いたりしてたけど、そっくりそのままはやはり私含めて日本人の国民性にフィットしない気がする。私はたぶん自分自身でそこまでパキッとオンオフつけられないからある程度良くも悪くも会社に巻かれないと働けない。情け無い話ではあるが。この有給の仕組みは女性の活躍とか謳うなら必要じゃないかなあ。

さてクリエイター達の育児日記、というジャンルが好きでkindleで読み漁っている。自営業と育児の難しさ、表現と母に成り行く自分の違和感が共通して描かれている。
川上未映子「君は赤ちゃん」に書かれている時期を満を持して通り過ぎ、瀧波ユカリ「はるまき日記」の後ろ3分の1といったところにいる息子。
東村アキコTwitterで写真家植本一子の「かなわない」を知る。

かなわない

かなわない

mixiでたまたま知らない人の日記に辿り着き思わず深夜に最初に遡って読んでしまったような感覚。偶然さっき届いたVERYにもインタビューが掲載されているみたい!オススメです。


最近気に入ってキッチンに飾ってます

小学生化する様々、writingクラス、何もしないということ

日の長さを慈しみ国内の小旅行や、息子の屋外の遊び場を探索したりしております。

kew gardensの年パスは元取りまくりな中、royal palaceの年パスもワークし始めてきた^_^
国内6カ所のパレスに入り放題なのだけど、そのうちハンプトンコートはうちから近いしキッズのイケてる遊び場があるので楽しい!
キャサリン妃プロデュースの水遊び出来る砂場とかあってすごい。息子にはまだちょっと早いけど。

こちらはガーデンに咲いてたアーティチョークの花!デカいあざみみたいな感じ。ザうちの好み!

さてこどもがいるし、天候も気まぐれだし、
友人と会う時は
「明日晴れてたら公園行こう」
完全に小学生笑。
そしてワンピやヒール、ジェーン・スーの言うところの甲冑を脱ぎ捨てた今、完全にお芋掘り遠足の小学生スタイル。

自分がこんなにもカジュアルが不得手とはショック過ぎて悲しい。。。カジュアル下手を嘆く峰なゆかが、前アラサーちゃんでカジュアルやると母感がすごいって書いてたけどこちとら母通り越して定年後の高尾山?的な風格すら逆に漂ってきたという。
鞄も結局カナナリュック一辺倒で、今日もリッチモンド不思議発見してます。

さてやらなきゃ不思議と日々がなんとなく過ぎていってしまう駐在帯同ライフ。
先日children centreで無料の、英語を母国語としない人々のライティングクラスがあると案内され予約。息子と行ってきた。息子はその間預かってくれる。

席につき、先生が開口一番
「皆CVwritingは経験ありますか?(ニコッ)」

curriculum vitae
音節currìculum ví・tae発音記号-víːtaɪ, -váɪtiː変化複curricula-
名詞; 履歴書(短縮してC, cvともいう

それは職を探す外国人の為の履歴書講習だったのであるぽえーー!!

まずCVが予約時聞き取れなかった自分にもショックだが生徒数も少ない為逃げ出せず、赤子を抱え職探しをするアジア女性に扮するしかない状況に笑。かくして地獄の2時間がスタート。

初めて知ったが履歴書にはフォーマットがなく、まず6行くらいで職歴やスキルのサマリーを書く。カラーペンとか使ってもOK。

「別に難しく考えなくていいの。私は今フルタイムでママをやっています、って堂々と書いて」

今年UKで職を得た人々の過半数は外国人だそうだ。EU離脱もその辺が関係しているのかな。

そして自分のスキルを表すpower wordsを効果的に使うこと。

「はいじゃああなたのkey skillsを表す形容詞とその例を5つ、右から発表していきましょう。自己紹介と職歴も教えてね」

ぽえぽえー!!しかしやるしかない。
本部時代、瑣末な事も社長(アメリカ人)のトップダウン案件になり死にながら資料作った事にピンポイントで初めて感謝!

コソボ人ママ、メキシコ人男性などと講習を受けたが皆英語上手でうちがダントツ下手。。なのに「自分は英語下手なんで、、」と一様に謙遜。
「いやいや私どうなんの!!」と逐一ツッコむ道化役に。なんか何時しかの合コンを走馬灯のように脳裏をよぎらせつつ頑張りました。

息子がsuper upsetになったと言われ途中退席しつつ死にながらだったけど、息子が色鉛筆握ってて「イケてる絵が描けたわよ」とか言われて軽く白目向いたけど知恵熱出そうな英語もなかなか楽しかった!

コソボ人ママが、「英語学習で一番効果があったのは自宅での自習」と教えてくれたのが印象的だった。時間決めてちゃんとやろうっと。

就活の自己分析ぶりだったけど会社というお守りが無くなるとまたゼロ感がすごい笑。
私何なの?と思いつつ今日も小学生スタイルで芝生を駆け回る為筆を置きます。

芝生歩きにいい季節いつまでかな^_^

赤子連れ国際線の旅(1歳エコノミー記)

息子は13ヶ月にしてなかなかのジェットセッター。

・6ヶ月 羽田→ヒースロー
(ANA、ビジネス)
・9ヶ月 ヒースロー⇆パルマ
(イベリア航空、エコノミー)
・13ヶ月 ヒースロー⇆ヘルシンキ関空
(フィンランド航空、エコノミー)

なんか麻痺してきたけど駐在家族としては一般的飛行量な気がする。
今回はトランジットあり、復路は息子と2人フライト等なかなかチャレンジングな旅。

さて赤子との飛行機の旅とは即ち期待値調整である。
「ここで寝かすはずが寝ない!」等の勝手な親の皮算用は精神的磨耗を招くのみ。やることやって、無理なら致し方ない。帰りは気流が悪い時間が結構ありシートベルトサインが頻回点灯し、動きたいor眠いで息子が泣き叫ぶ時間がまあまああり、それなりに辛い時間もあったが何とかなった。

もう一つ、赤子との飛行機の旅とは即ち体力である。
私は中程度以上の体力を有している。インターネットの森を彷徨い、赤ちゃん連れの飛行機体験を読むと大変だった理由1位(自分調べ)は子の不調やトラブルではなく、親が激疲れた、というものの様に思う。

とは言えスムーズな旅路にこしたことはない。道義的是非は脇に置き備忘録的な1歳で歩ける赤ちゃんとのエコノミークラス飛行機tipsは以下。

*周囲に挨拶。
(私は軽くプチギフトやりました。しなくていいと思うけどこちらのすまなさ軽減の為)

*飛び立つ前にキッズスペースで遊ばせる

*バシネット席予約
(バシネット自体はミイラの棺的狭さで寝ないが、足元の広い席を確保。仁川乗り換えでキャセイパシフィックならバシネットは15kgまでいけていいとか。)

*赤子の席も1席とる
(個人的に6時間以上のフライトなら歩ける赤ちゃんはマスト。かなり違う。ここでお金をケチっている場合ではない。)

機内食は諦める
(万難を排して食べたい機内食はないはず。替わりにテンションの上がるワンハンドな食べ物を持ち込む。私は万世カツサンドをチョイス。3個入りじゃなくて6個入りね!)

*普段ルールの遵守を一旦捨てる
(携帯見せない、お菓子食べさせ過ぎない等。十分非常事態だからこれまたそんな場合じゃない、まずは無事なフライト優先。)

*赤子の食事は9割パン
(これまた機内で栄養バランス気にしてる場合じゃない。散らかりにくい、自分で食べたがる欲求を満たす)


今回は関空ヘルシンキ間はフィンランド航空、BA、JALコードシェア便だったのだけど、全く同じ飛行機で予約する航空会社によって値段がかなり(数万円)違うのに驚いた。航空会社自体が持つ付帯サービスの有無かとは思うがすごい。
ちなみにfinnair、BA、JALの順にお安いです。

ヒースロー着いたら初めてイミグレ激混みに当たり死にかけた。混みすぎでカウンター見えない。JAL経由で取れば子連れ搭乗ファストパス的なものをゲットし優先されるんだけどそれがない。そして相変わらずdisorganizedな運営笑。

「ちょっとうちらこどもいるんだから優先受付してよ!」ってあなた言ってきて。
って前にいたUAEからの子連れママに強制的にけしかけられ交渉。。。多少短縮されました。

夫は先に帰っていた為2週間離れていた息子と夫。

「初めまして、、、じゃないですよね」的な昔1回プロジェクト一緒になったけど基本メールのCCにいるのを見ただけで、1回全体会議で一緒になったかも的な社内の人同士な対面だったがすぐ慣れてた笑。

とにかく色々あっても子が健康で無事フライト出来たら成功。来月ポルトガル行くけど今回思えば楽勝に思えてきた笑。慢心危険!


じっとしない

brexit、息子とテレビ、日本便利過ぎて脳溶ける

EU離脱マジーーーってなるや否や我々もイギリスを脱し日本に一時帰国した為笑、いまいちbrexitの影響が分からず日本大満喫中です。

Richmondエリアはこんな感じの開票結果だった模様。
私たちに国民投票の権利はありません。逆に日本の選挙は大使館を通じしかるべき手続きを踏めばイギリスにいながら投票することも、今回のように一時帰国中に日本で投票することもできます。

3週間の予定で滞在中だけど日本が素晴らし過ぎてイギリスで半年間straggleした私が1週間で崩れ去った笑。次の帰国は2年後とかにしよう。。。

息子も特段のトラブルなくアジャスト中。ただ暑すぎて一気に汗腺が開いたのか汗かきまくり、寝汗もすごくて軽く熱出した。


さて皆さまにおかれましてはどうでもいい事と存じますが息子の成長について。

1歳を過ぎても意思疎通のカケラもなく、フィジカルな成長のみ早い二足歩行のハムスターみたいだった息子が日本で色んな人に会い刺激を受けたのかバージョンアップ。

突然色々な事が出来るようになり、軽く言葉が通じ出した!

しかも育児書に則りテレビをほとんど見せないまま13ヶ月になり、日本でいないいないばあを見せたらお気に召したのか、オープニング始まったらいないいないばあをジェスチャーつきでやり始めた。

初めてのことばがまさかのいないいないばあ。(発音は「ないない、ちゃー!」、ポーズは出川のWHY)

Google祭を開催してた数週間の自分に見せてやりたい(^_^;)

そして渡英前は息子が赤ちゃん過ぎて行ってなかった児童館や支援センターに人生初めて行ったけど凄すぎ!
全面畳やマットでキレイな楽しいおもちゃ達、スタッフは保育士や看護士の方々!夢の国か!
プレイグループありがたがってる場合じゃない笑。いやありがたいけども。

この素晴らしさを輸出し、「JIDOKAN」としてKUMON展開出来ないか30秒ぐらい考えた。

その他育児グッズにしろ100均にしろまあ凄い。渡英前手探りで買い集めた時とは違って今回は具体的ニーズにお応えする痒いところに手の届くグッズがいっぱいありすぎて3周周ってウケた笑。

これはいかん。なんか文明を知り怠惰になり滅んだ民族の末裔的危機感を覚えつつ後1週間堪能します。

夫は一足早く帰国した為帰りの飛行機が恐怖!行きより知恵付いた息子との旅路よいかに。帰るまでが遠足です、がまさにすぎ。


見た目だけかわいいfinnairのメニュー