読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mdkロンドン生活

ロンドン生活、赤子との暮らし、日々のよしなしごとなど。

ロンドン初クリスマス

付き合ってる時から3年目くらいからネタ切れと夫の記念日系への余りに低い関心によりプレゼントも交換しなくなり、クリスマスはチキン食べる日レベルに成り下がった我が家。

ミッションスクール出身(まぁ、ミサは半分寝てて、「また司祭とともに」でガクッとなって起きるというあるあるを含めて)だし、欧米のクリスマスは家族と過ごすものという前提は承知だったが、ほぼ全ての店と公共交通機関がクリスマスは休み!普通に駅も閉まってるし人が全く街にいない。
物理的に家族と過ごすしかない。笑

車でイルミネーションやツリーをセントラル(都心)に見に行こうかとも思ったが息子連れでわざわざ行かなくてもいっか、とかわりにクリスマスの自宅イルミネーション装飾に命をかける人々のドキュメンタリーを鑑賞笑。

字幕をつけると途端に頭に入ってくるね。

スーパーも24から閉まるとこもあって買出しの人々で混雑と聞いてたがそうでもない。
船便もまだの為、23日に購入しておいたオーブンに入れるだけのターキー。
ターキーも丸ごとチキンも別にクリスマスじゃなくても並んでるけどね。あまりに何もしないのもアレなので一応。


エリザベス女王のメッセージが放映されるからやることないし一応見る。
初めてちゃんと話しているのを聞いたけど声がめちゃめちゃ若々しくて老人感(失礼)がなくて驚く!

25日を過ぎると26日はboxing dayという休日でセール開始。TVはセールのCMばかりになり、ニュースではboxing dayの経済効果についてや朝から並ぶ人々へのインタビュー(先頭で朝5時からって言ってたから日本人の気合よりはゆるめ)が取り上げられて正月感漂う。

来年は息子にプレゼント用意かな。1歳半の息子未知すぎて想像出来ないけど。。笑


さて例のもろmade in chinaなフロアマットはリビングの床一面にカットして敷き詰め完了。(やったのは夫)
衝撃はかなり和らいだものの、息子はつかまり立ちを覚え5秒目を離したらミーアキャットになってるし椅子につかまりたがるから危ないし、頭ぶつけまくるから心配。

夫が、「家具に安全対策しても頭を完全に守れないから頭の方をプロテクトした方がいい」って言ってきたけど家の中でヘルメットする訳にいかないし大体赤ちゃんにそんな商品ある訳ない。。。





ってあったーー!!

しかしこれどうなんだろう?笑
レビューを見たがマイナス意見としては

  • 商品としてはいいがそもそも被るのを嫌がる
  • 額に汗をかき暑そう
  • 見た目がオ◯ムのヘッドギア

など。なるほど。。。笑

しかしネットのレビューを見る度にうちが怒り心頭するのが商品そのものじゃなくて
「思ったより早く届きました」とか
「梱包も丁寧」
とか店側のサービスをレビューするやつ。
あと「まだ未使用なので星マイナス一つです」ね。
それレビューじゃねーー!!怒
amazonUKにもいたよ。


15時半にはこんな感じ。