読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mdkロンドン生活

ロンドン生活、赤子との暮らし、日々のよしなしごとなど。

予防接種珍道中

赤ちゃんの予防接種にまつわる疑問に初めて接触したのは、産休中のマタニティヨガの講師の一言だった。

「世田谷にはワクチン打たないことに理解のある小児科の先生もきちんといますしね^_^」

数名の生徒が頷いている。えっ??

アンチワクチンに初めて触れた瞬間だった。

その先生は、パワーヨガが好きだった妊娠前にはとっていなかったクリスタルヒーリング(ヨガ中にクリスタルを鳴らして、その音を聞いて浄化されましょうみたいなやつ)のクラスとかをやっていて、よく
「ペットボトルのお茶は成分表示しなくていい量の界面活性剤が含まれているから私は絶対飲まないの」
みたいな極めて(時に行き過ぎに思えるほどの)自然派であることが伺える発言を多々していたので、
「まぁ先生こどもいないし(こうして出来ていく女が女を差別する悪循環、無意識的で自分でも恐ろしいから注意したい)、そういう自然派もいるのかな」
位に捉えていた。


次に予防接種について話をしたのは出産した産院で行われた1ヶ月検診であった。

その時点でUK赴任が濃厚になっていた為、予防接種や飛行機にまつわる不安などをメモに書き先生に質問した。

先生は
「まぁ僕自身が生後3ヶ月でアメリカから帰ってきてますから。だからこんな風になっちゃったのかなアハハ」

みたいな産後にはキツい笑っていいのかわからないジョークを飛ばしつつ、

「ほら前どっかの県の高校生が全員○○(忘れた)の予防接種してなくてカナダ行けなかったとかあったでしょう。日本は予防接種、海外に比べて20年ぐらい遅れてるから。最近やっとマシになってきたぐらいだから。」

とアメリカナイズド先生に予防接種に関する海外暮らしのお墨付きをもらったこともあり、普通にそうなんだーと思って帰宅した。

そして翌月から怒涛の数か月連続の予防接種がスタートしたわけだが、まず皮膚科や内科など、小児科以外のところで赤ちゃんの予防接種が受けられることに軽く驚いた。ちゃんとできんの?みたいな。

謎に常に心配事に取りつかれている初産としてはやはり小児科で受けたいところ。駅前の評判がネットで良い、一番近い小児科に電話で予約を入れる。

「うちは単独しかやってないんですよ。それでもよろしいですか?」

は?単独??

どうやら赤子の予防接種は複数種類をひと月に打たなければいけない時期が数か月続くが、それをまとめて1回で打つことを同時、1種類ずつ別日に分けて打つことを単独というらしいことが判明した。

しかも、マストな予防接種と親の裁量で受けるかを決められる任意接種のものとがあるらしい。

「医者がわざわざ単独を選ぶ理由ってなんかあるんじゃない?」

私と同じく赤子に何の知識も持たない夫に言われ不安になったが、単独を選択すると1種類打つごとに1週間空けなければならない為そんなにチンタラしていたら渡英に間に合わない。なんとかBCG(5ヶ月)に間に合わせるには諮詢の余地なく同時接種で行くしかない。

夜中の授乳中に「同時接種 大丈夫」で検索。
答え「別に大丈夫」。

同時に代替医療やアンチワクチン派、アンチワクチン派に怒る派、任意受けない派、任意受けない派に怒る派、とても2015年とは思えない西洋医学発達中の中世かと見まがう玉石混合の情報がなだれ込んできた。

結局同時接種をやってる一駅隣の小児科で受けることにして、先生に単独、同時の違いが何故あるのか質問してみた。

「まあ、先生によって色々考えがあるからねえ。」

そんな。。。。

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

  • 作者: 森戸やすみ
  • 出版社/メーカー: メタモル出版
  • 発売日: 2012/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 30回
  • この商品を含むブログを見る

私は産後購入したこの本を準拠としていた為、情報の洪水に巻き込まれそうになったが何せ時間がないこともあり定期・任意とも同時接種で自信を持ちガンガン進行した。

と揺らぐことのなかった信念が揺らいだというか???となったのが今週である。

母子手帳へのスタンプラリー目的で日系(高額)の病院で予防接種は続けているのだが、今般夫の会社ではインフルエンザは費用負担の対象外なので自費で受けるようにというお達しが夫の会社から季節のお知らせとしてあった。

夫は会社で打つらしいので、私と息子はGP(UKのかかりつけ医制度)で打ってくるようにと言われた。

夫は最近私のミーハーな「誰々が言ってた」「ネットに書いてあった」等のソースの不明瞭さを嫌うこともあり、GPに連絡。

「15ヶ月?NHS(UKの国営医療サービス、無料)のカバー対象外。ヘルシーな大人のあなたも対象外。Bootsでワクチン買って」

Bootsへ行く。

「16歳未満への薬剤師(えっ)のワクチン接種は出来ないんです。Sorry.」

とネットを使わず始めたら完全にインフルエンザジプシーになった。にしてもGPの受付のお姉さんも医療従事者としてBootsで赤子が打てないこと知っていてもいいのに。。。。調べると2歳以下のこどもや健康な大人はNHSでは打てないようだ。

日系で打つと160ポンド(約21,000円。×2回)。高すぎる。とりあえず夫が駅前のプライベート医院で20ポンドで受けられるところを見つけてくれた為予約。

しかしこんなにインフルエンザが簡単に受けられなくていいのか?日本人含め周りのママ友にヒアリング。

水疱瘡はかかった子の家に遊びに行き菌をもらう(スイス)

・イギリスと逆でむしろ8か月以上2歳未満には特にインフルエンザの予防接種が必要(アメリカ)

・友達は製薬会社に勤めているが、意味がないので自分の娘には受けさせていない(ブラジル)

・4種混合を1度に打つのはリスクがあるので、分けて打ってくれるプライベートに600ポンドかけている(イギリス)

各国の情報が集まり、余計に混迷を極めた。笑
どうやらアメリカナイズド先生の言う「海外」とはアメリカのことだった模様。

日本だと世田谷区のインフルエンザ助成は1歳からだったし、日系病院の先生も型が違うと効かない場合もあるけど、もしなってしまっても軽症で済むからと言っていたし、無事予約出来てめでたしめでたし。

と夫が会社から戻り、
「みんなに聞いたけど、こどもにインフルエンザ打たせてる人誰もいなかったよ」

えっ

「イタリア人の同僚が、数年前イタリアでインフル打った人が十何人亡くなって、なぜか追跡調査されてないから絶対やらないって」

えっ?死? えっ?

と頭がスパーク。その前に「誰々から聞いた」のソースの脆弱性説いたの誰だよおい。

と勝手に錯綜したインフルエンザの注射、来週打ちに行ってまいります。
にしても2016年現在こんなに錯綜してていいのか、予防接種!!


秋深まりインフレ気味のリスたち